髪の毛をきれいに!どんなケアをすればいい?

>

間違ったケアしてない?NGなヘアケアとは

シャンプーは地肌を洗うイメージで

シャンプーはたくさんの種類がありますが、しっかりとその効果を引き出すには、様々なことを意識する必要があります。

シャンプーをする前には、お湯で軽く髪を濡らすかと思いますが、このとき単に濡らすのではなく2~3分ほどかけて丁寧にすすぐようにしましょう。
このような予洗いで、ほとんどの汚れは落とすことができます。
汚れを落としたら、いよいよシャンプーです。

シャンプーをするときは、爪を立てて洗うのではなく、指の腹で洗うようにしましょう。
このとき、地肌をマッサージするイメージで洗うのがポイントです。
予洗いがしっかりできれば、強くこする必要はありません。
根元から毛先へ、指を通すように洗っていきます。
すすぐときも、やはり根元から毛先へ優しくお湯を含ませるようにしましょう。

トリートメントは残さない

ヘアケアの大事なアイテムと言えばトリートメントですね。
トリートメントは、目的に合わせて選ぶことができます。
例えば、保湿を重視するなら保湿タイプ、熱から守るタイプなど、きになることに合わせて選んでみましょう。

トリートメントをなじませるのなら、まずは毛先から。
そのあと、根本にもなじませていきます。
トリートメントをする際に大切なのは、きちんとすすぐことです。
髪や頭皮のぬるぬるがなくなるまでしっかりとすすぎましょう。
トリートメントが残っていると、毛穴をふさいでしまうため臭いの原因になります。

また、洗い流さないトリートメントも併用しましょう。
ドライヤーの前につければ熱のダメージから髪を守ってくれますし、あっという間にさらさらになるのでおすすめです。


この記事をシェアする