薄毛治療ならAGAクリニック

\薄毛治療のおすすめ第1位/

トップページ > 宮崎県 > 日向市

「高い費用をかけて薄毛治療したけど全く効果が無かった…。」

そんな病院やクリニックに通う羽目になる前に!

当サイトでは宮崎県日向市にお住まいの方に、薄毛治療に実績のあるおすすめのAGAクリニックをご紹介しています。

「育毛剤を使っても、食生活を気にしてもほとんど効果が感じられない…」

そんなお悩みを抱えていらっしゃいませんか?

その薄毛の原因、AGAの可能性があります。

薄毛を治療するためには、自分の薄毛の原因がAGAか否かを専門的に確認する必要があります。

そのためにまずは、信頼と実績のある薄毛治療専門のAGAクリニックで診断を受けることが重要です。

薄毛や抜け毛が気になる人にとって、「AGA」という単語はよく耳にする言葉かと思いますが、そもそも、AGAとは何かご存知ですか?

AGAは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」という意味の脱毛要因の一つです。

男性ホルモン(テストステロン)が還元酵素(5αリアクターゼ)と反応してできた「5αディハイドテストステロン」の働きによって毛母細胞の活力が低下していく症状のことを男性型脱毛症(AGA)と呼びます。

AGAによる薄毛のパターンは、

  • 生え際(おでこ、M字)から後退するタイプ
  • 頭頂部(つむじ、O字)から進行するタイプ
  • うっすらと全体的に進行するタイプ

等があります。

AGA以外の薄毛要因は、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症、円形脱毛症などがあり、これらの症状にはAGA治療を施しても効果が期待できません。

そのため、薄毛に悩んでいる方が最初に行うべきことは、ご自身の薄毛の原因がAGAか否かを判別するために、まず薄毛治療専門の病院に行って専門のお医者さんに相談してみることなのです。

薄毛でお悩みの方におすすめ
\AGAクリニックランキング/

月額3,400円から手軽に始める薄毛治療!
評価カウンセリング店舗
★★★★★無料全国49院
  • 発毛実感率99.4%
  • 通える!全国に49院も
  • 高品質・高濃度のオリジナル治療薬

【発毛効果をより一層高めることを可能に】
AGAクリニックの「AGAのメソセラピー」は有効成分を直接頭皮に注入することで、発毛効果をより一層高めることを可能にしたAGA治療です。痛みを感じることなく治療をすることが可能です。

【オリジナル発毛薬で発毛促進】
内服薬で体の内側から発毛しやすい環境を整えると同時に、外用薬で直接毛根に発毛促進を働きかけます。


低価格で効果抜群のAGAクリニック!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料新橋の本院のみ
  • 育毛メソセラピーが1回2万円以下
  • 一人ひとりにあわせた治療法を提案

【安心して通える治療費設定】
どれだけ効果のある治療であっても継続的に続けていく事が出来なければ意味がないというクリニックの行動指針の元、患者の負担を理解し安心して通える治療費設定となっています。

【明朗な情報開示】
効果・費用・副作用など、治療を行うにあたって不安や心配なこと等、ホームページや診療を通じて正しい情報を積極的に提供しています。


1年間の来院者数100万人超!
評価カウンセリング店舗
★★★★☆無料72院
  • 症例件数が多い
  • プロペシアが安い

【治療後1か月で効果を実感】
新治療ダブルマトリックスは、1回の治療、1ヵ月で効果を実感することができるAGA治療の概念を覆す新治療法です。

【発毛実感率99%】
AGA薄毛を改善したい方、自分に最も適しているものを選択したいという方は、発毛実感率99%のオーダーメイド処方のAGA治療薬がおすすめです。

まとめ

今、薄毛治療にお悩みの方、市販の育毛剤など自力では上手くいかなかった方は、信頼と実績のあるAGAクリニックのご利用がオススメです。

宮崎県日向市の方向けはじめての薄毛治療Q&A

薄毛治療を考えているが一歩踏み出せないという方、病院選びで後悔したくない方、まずはAGAクリニックの処方薬や治療法・費用について知ることが重要です。薄毛治療に関係した様々な情報をQ&A方式でご紹介します。

Q.M字ハゲにも効果はありますか?

A.症状の進行度に応じて効果が現れます。

AGAは症状が進行すればする程、治療が難しくなりますが早く治療を開始することで、改善が難しいとされる額・M字部分が改善した症例も多数あります。

Q.発毛の効果はいつ頃実感できますか?

A.3ヶ月~6ヶ月程度が目安となっています。

個人差はありますが、通常3~6ヶ月程度で効果を実感できる方が多いです。治療については、約6ヶ月~1年継続治療されることをお勧めします。

Q.AGA治療は一生涯続ける必要がありますか?

A.いいえ。

ただし、独自の判断による治療の中止は脱毛を引き起こす可能性があります。 医師の指導の下、治療止めても問題無しと判断されれば大丈夫です。

Q.タバコはやめた方がいいですか?

A.可能であれば止めることをおすすめします。

ニコチンによる血管収縮作用が頭皮への血流が低下させ、治療効果に影響が出る可能性があると言われています。 また、喫煙者と非喫煙者での発毛効果に差異があることが報告があります。

Q.AGA治療は健康保険の対象ですか?

A.いいえ。

自費診療のみです。厚生労働省の通達によって、薄毛・AGAの保険適応はなされていません。

Q.市販の育毛剤を併用しても大丈夫ですか?

A.医師にご相談ください。

クリニックで処方された外用薬と育毛剤の成分が化学反応を起こすと、アレルギーやかぶれなどの原因となる可能性があります。 併用される場合はAGAクリニックの専門の医師に相談されることをお勧めします。

薄毛治療の基礎知識コラム

薄毛対策にはシャンプーに気を遣うのが大事です。シャンプーには頭皮を傷める成分が含まれていますので、使用するのを可能な限り辞めて、いつもの生活ではお湯だけでキレイに洗うのが薄い毛の対処方法としてまずはやってみるのがいいでしょう。



ただ、清潔を保つためには、時にはシャンプーの使用が必要です。



どんなふうな格好で寝ているかも、育毛と関係があるのですよ。睡眠時の姿勢で血液の循環が変わるからです。
寝返りは頭部の血の巡りを安定的にするために知らず知らずのうちにやっている行動ですから、寝返りが自然にすぐ出来るように枕は高くないものを選択するのが理にかなっています。それから体内の臓器などが窮屈に圧迫されぬよう、睡眠時は仰むけになったり、横むきの方が寝やすいのなら右むきになると良いでしょう。古くなった角質や皮脂が頭皮を覆っている状態ではフケや抜け毛を招きます。

髪を健やかに保つためには清潔な頭皮が不可欠ですので、もし男性型脱毛症治療をおこなうのであればそれを補うように頭皮クレンジングを定期的におこない、理想的な地肌の状態になるようコントロールすることも大切です。
地肌のクレンジング専用のシャンプーなどもありますし、オイルを使って女性がメークを落とすのと同じで、余分な脂を落とせるオイルクレンジングなどをしてみるというのもありです。

せっかく高い育毛剤を購入したのに、全く効果がないという話も頻繁に聴きます。


育毛剤も薬などと同じで、その効き方には個人に差があります。

市販で取り扱っている育毛剤は購入者まちまちの頭皮の状態や個人差がある体質に合わせて造られてはいないのです。



ですから、その育毛剤の成分が効果のある人とそうでない人に分かれるのです。
チャップアップは育毛効果が凄いことで非常に人気がある育毛剤です。
でも、実際に、自身でチャップアップを使うとなると、副作用についてしりたくなります。



ですが、チャップアップは医薬品ではありませんし、天然成分の植物性エキスなどが頭皮の心配もなく優しく作用するので、副作用で困ることはないです。
栄養素の一つである亜鉛には健康な髪を育てる効果があると言われています。



元気な髪のために亜鉛の摂取を食事で行おうとしても、体内吸収の割合が低いため、意外に難しいことです。
亜鉛をふくむ食べ物を摂るだけでなく、亜鉛の吸収率を下げる食品などを食事から除かなくてはなりません。しっかりした髪の毛を目さすのなら、確実に亜鉛を摂るにはサプリなどが良いです。

育毛の話をしていて「体温どれくらいですか」と聞くと、最初は不思議に思われます。でも実は体温は育毛と深く関わっているので、少しで良いので気にかけるようにして頂戴。
平均体温が低い人が増えていますが、体温が低いと免疫力も低下しますし、体力を消耗しないよう、体全体の代謝が抑制されます。頭皮の血流が阻害され、温度も下がります。代謝も低下するので皮膚トラブルも増えます。


発毛能力や地肌の回復力が鈍くなってしまうので、体温を上げる工夫をすることも大切です。
シャワーばかりでなく週に何回かはバスタブに浸かったり、入浴後の血行が良い状態でストレッチをするなどして、健康であれば体温は自然に維持されるようになるので、平均体温を上げるよう心がけることが大切です。


抜け毛予防の為に育毛剤を使うと、思わぬ副作用が起こるかも知れません。

頭皮が赤くかぶれたり、かゆくなり、以前より毛が抜けることがあります。


使った人の全てに副作用が起きるとは言えません。
けれども万が一、副作用が起こった場合、ケアに育毛剤を使うことを辞めるのが好ましいです。
抜け毛対策にイソフラボンに効果があるのか、を調査しました。

加齢に伴って女性ホルモンが減ってしまいます。


女性ホルモンの減少がみられると多数の抜け毛が発生します。



イソフラボンは、女性ホルモンと同様の効果があるため、毛が抜けないようにするはたらきがあるのでしょうか。女性の間で長く流行を続ける豆乳には、髪を育てる効果があるという説もあり、ぜひ取り入れてみて頂戴。
大豆のイソフラボンが摂取でき、いわゆる男性ホルモンの、過剰分泌を抑えることが出来るんです。
近年では口当たりのいい豆乳も身近になってきており、無理なく続けやすくなりました。
とはいっても、過剰なほどに摂取することは注意して頂戴。

宮崎県日向市の方向け薄毛治療お役立ち情報

おすすめ1位のAGAスキンクリニック

宮崎県日向市で薄毛治療するなら